Top >  雇用保険と離職票 >  雇用保険と離職票について。証明書の説明書をします!

雇用保険と離職票について。証明書の説明書をします!

雇用保険加入・資格喪失などの中で、離職票は会社が必ず準備しなければ
いけないものです。事業主が行う雇用保険の手続きについて、紹介します。


【雇用保険加入等手続】

労働者を雇用した事業主が、労働者の離職時に行わなければならない
一般的な手続きについて、ここでは詳しく説明します。

労働保険(雇用保険・労災保険)は、政府が保険者となり、事業主を加入者・
労働者を被保険者とするものです。労働者を一人でも雇っている事業主は、
必ず労働保険に加入することが法律上義務付けられています。

労働保険に未加入の場合は、離職者が受給資格を得られないばかりか、
事業主に対する各種援助金等の支給も行われません。


●資格喪失届

被保険者が離職したとき、または労働条件の変更等により、被保険者に
該当しなくなったときは、事業主は雇用保険被保険者資格喪失届を
提出しなければいけません。

提出期限は、被保険者でなくなった事実のあった日の翌日から10日以内です。
提出書類は、資格喪失届と離職証明書です。確認資料として、労働者名簿、
出勤簿(タイムカード)、賃金台帳、雇用契約書等が必要となります。



●離職証明書

従業員が離職し、雇用保険の受給手続きをするには、離職票が必要となります。
この離職票は事業主が資格喪失届に添えて提出する離職証明書に基づいて、
安定所長が交付するものです。離職者本人に渡すことが義務付けられています。

提出期限は、原則として資格喪失届と一緒に提出することになっています。
確認資料として、労働者名簿、出勤簿(タイムカード)、賃金台帳、
退職辞令発令書類、離職理由の確認できる書類等が必要です。

離職者本人から「離職票はいらない」旨の申し出がない限り、資格喪失届に
離職証明書を添えて提出しなければなりません。

離職者の離職時の年齢が59歳以上の方については、本人の希望にかかわらず
必ず離職証明書を提出し、離職票の交付をうけることとなります。
離職の理由にとらわれることなく、速やかに提出しましょう。

離職証明書は、在職期間の長短にかかわらず、また受給資格の有無に関わらず
作成しなければなりません

資格喪失時に「離職票はいらない」旨が本人から申し出があって、
離職票を作成しなかった場合で、後日、離職証明書の交付を請求されたときは、
いつでも事業主はこれを作成しなければなりません。


スポンサードリンク

その他雇用保険,労働保険,証明書,従業員,資格,提出期限の情報

離職票の退職理由に異議がある場合

離職票の理由例のポイントでは、離職理由によって雇用保険の給付日数が異なることをご紹介しました。
それでは、事業主から自己都合による退職を強要され退職したのに、離職票に「一身上の都合により退職」と書かれた場合どうすればよいのでしょうか。
ここでは、離職票に書かれた退職理由に異議がある場合の対処方法をご紹介します。


離職票を会社からもらえない場合の対処法

会社が離職票を出してくれない!そんなときはどうしたらいいのでしょうか?
対処法をご紹介します。


離職票の提出が年明けに増える理由とは??

離職票が上司に出される時期は、正月明けとお盆明けが多い。
この情報、どういったことで引き起こされてしまうのでしょうか??

離職票とは?ハロー枠から交付される書類の事です。

離職票とは、これまで勤めていた会社を辞めるときに、会社からの離職証明書に
基づいて、公共職業安定所(ハローワーク)が交付する書類のことをいいます。

離職票2とは?失業給付を受けるのはこちらの書類です。

離職票の中でも、失業給付を受ける私達に関わってくるのは”離職票2”です。
ここでは、離職票2について、詳しく説明します。

離職票の手続きの流れを理解しよう!

離職票は、仕事を辞めた後に失業保険をもらうときなど、離職後の生活に
非常に大きな意味を持っています。
ここでは、離職票の手続きの流れについて、詳しく説明します!

ハローワークと離職票について。何を持っていけばよいのか?

離職票は、あなたが会社を退職した後にハローワークに提出し、
ハローワークの認定に従って、失業給付を受ける際に必要な重要書類です。
ハローワークを上手く利用して、適切に失業給付を受けましょう!

離職票の書き方で注意するポイントは??

離職票を書くとき、気をつけるべきことがあります。知らず知らずのうちに、
会社の言いように記入してしまい、後から損をしてしまうこともあるので、
離職票の書き方については、必ず一度チェックしておいてください!

離職票の記入例についてご説明します。

離職票には、「離職票-1」と「離職票-2」という2枚があります。
会社を退職すると、この離職票1と離職票2、そして被保険者雇用保険者証が
会社から郵送されてくるはずです。

離職票の理由例のポイント

離職票の中でも、離職票2の”退職した(離職した)理由”次第では、
失業給付の支給開始の時期が、最長で3カ月も先延ばしされます。
最短では、受給の手続きをとった日から数えて8日目には支給が始まります。

離職票の再発行について!

離職票は、あなたが会社を退職して失業給付を受けようとするときに、
必ず必要となってくる大切な書類です!しかし、退職時は何かと忙しく、
また経験も少ない方が多いため、離職票を紛失することもあるようです。


雇用保険と離職票

雇用保険と離職票の違い。証明書が必要になってきます!

関連エントリー

雇用保険と離職票について。証明書の説明書をします!