Top >  離職票がもらえない >  離職票を会社からもらえない場合の対処法

離職票を会社からもらえない場合の対処法

会社が離職票を出してくれない!そんなときはどうしたらいいのでしょうか?
対処法をご紹介します。



離職票は雇用保険の失業給付を受給するときに必要な書類であり、失業したことを証明する書類でもあります。
たとえ1ヶ月でも雇用保険に加入していれば、離職票を受け取ることができます。
また、失業保険の受給だけでなく、国民年金の免除申請にも、離職票が必要となります。
事業主が離職票を発行してくれない場合は、強く請求しましょう。

ハローワークに相談する

それでも事業主が離職票の発行に応じない場合、ハローワークや労働基準監督所に相談してください。
ハローワークに相談すると、担当者が事業主に対して、離職票の発行を催促してくれます。
それでも事業主が離職票を発行しない場合、ハローワークが離職票を発行してくれる事もありますので、早めに相談するようにしましょう。

事業主が離職票を発行しない理由として、単に会社の怠慢である場合がほとんどです。
ともあれ、事業主は10日以内に退職者に対して離職票を発行しなければいけない事になっています。
事業主が離職票を発行してくれないからと言って申請を放置していては、失業保険の受給期間が短くなりばかりでなく、その後の再就職にも影響を及ぼしかねません。


スポンサードリンク

その他離職票の情報

離職票の退職理由に異議がある場合

離職票の理由例のポイントでは、離職理由によって雇用保険の給付日数が異なることをご紹介しました。
それでは、事業主から自己都合による退職を強要され退職したのに、離職票に「一身上の都合により退職」と書かれた場合どうすればよいのでしょうか。
ここでは、離職票に書かれた退職理由に異議がある場合の対処方法をご紹介します。


離職票の提出が年明けに増える理由とは??

離職票が上司に出される時期は、正月明けとお盆明けが多い。
この情報、どういったことで引き起こされてしまうのでしょうか??

離職票とは?ハロー枠から交付される書類の事です。

離職票とは、これまで勤めていた会社を辞めるときに、会社からの離職証明書に
基づいて、公共職業安定所(ハローワーク)が交付する書類のことをいいます。

離職票2とは?失業給付を受けるのはこちらの書類です。

離職票の中でも、失業給付を受ける私達に関わってくるのは”離職票2”です。
ここでは、離職票2について、詳しく説明します。

離職票の手続きの流れを理解しよう!

離職票は、仕事を辞めた後に失業保険をもらうときなど、離職後の生活に
非常に大きな意味を持っています。
ここでは、離職票の手続きの流れについて、詳しく説明します!

ハローワークと離職票について。何を持っていけばよいのか?

離職票は、あなたが会社を退職した後にハローワークに提出し、
ハローワークの認定に従って、失業給付を受ける際に必要な重要書類です。
ハローワークを上手く利用して、適切に失業給付を受けましょう!

離職票の書き方で注意するポイントは??

離職票を書くとき、気をつけるべきことがあります。知らず知らずのうちに、
会社の言いように記入してしまい、後から損をしてしまうこともあるので、
離職票の書き方については、必ず一度チェックしておいてください!

離職票の記入例についてご説明します。

離職票には、「離職票-1」と「離職票-2」という2枚があります。
会社を退職すると、この離職票1と離職票2、そして被保険者雇用保険者証が
会社から郵送されてくるはずです。

離職票の理由例のポイント

離職票の中でも、離職票2の”退職した(離職した)理由”次第では、
失業給付の支給開始の時期が、最長で3カ月も先延ばしされます。
最短では、受給の手続きをとった日から数えて8日目には支給が始まります。

離職票の再発行について!

離職票は、あなたが会社を退職して失業給付を受けようとするときに、
必ず必要となってくる大切な書類です!しかし、退職時は何かと忙しく、
また経験も少ない方が多いため、離職票を紛失することもあるようです。

雇用保険と離職票について。証明書の説明書をします!

雇用保険加入・資格喪失などの中で、離職票は会社が必ず準備しなければ
いけないものです。事業主が行う雇用保険の手続きについて、紹介します。


離職票がもらえない

離職票がもらえない場合の対処法を紹介

関連エントリー

離職票を会社からもらえない場合の対処法